老人ホーム 料金 相場

近くにある老人ホームの料金相場を知りたい

 

老人ホーム 料金 相場

 

自宅で介護するのが親孝行とは限りません。

 

介護はする方もされる方も負担があり、1人で抱えるとお互いにいい関係でいられなくなることがあります。
公的な特別養護老人ホームは費用が安くていいのですが、入居希望者が多く現在待機されている方が50万人以上いると言われるほど狭き門なのです。さらに要介護認定3以上ないと入居ができません。

 

他にもケアハウスや養護老人ホームなどもありますが、こちらも身寄りのない方や経済的に困窮している方などが先に受け入れられるため、希望すれば入居できるというわけではないのです。

 

だからみなさん、公的な施設に申請しつつも民間の老人ホームを探されるのです。
たくさんある老人ホームの中から、あなたの希望に近い所を探して費用や条件を簡単に比較できるサービスがあります。

 

老人ホーム 料金 探し方

 

有料老人ホームの種類

老人ホームにはいくつか種類があります。

 

介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅・グループホーム・シニア向け分譲マンションなどがありますが、それぞれの特徴を知っておくと便利です。

 

老後は老人ホームや介護施設で・・・と考えている人が増えています。お子さんに負担をかけたくないという思いもあるのでしょう。
しかし、高齢者向けの住宅に入居するにはそれなりの費用が必要です。だからこそ、老人ホーム選びは慎重に失敗のないようにしなければなりません。

 

まずは老人ホーム・高齢者向け住宅の種類と特徴をしっかり確認しておきましょう。

 

・介護付き有料老人ホーム:民間の介護施設で受け入れの幅が広く、重度の介護状態でも受け入れ可能です。

 

・住宅型有料老人ホーム:食事の提供・掃除・洗濯・買い物など生活の援助サービスを受けることができます。

 

・サービス付高齢者向け住宅:安否確認と生活相談のサービスが受けられるバリアフリーの賃貸住宅。

 

・グループホーム:認知症の高齢者が共同生活できる施設です。

 

・シニア向け分譲マンション:高齢者向けの分譲住宅です。

 

入居時にかかる費用や月額利用はそれぞれ違います。
要介護認定と年金で入れる施設を探したい、施設の見学をしたい場合はシニアあんしん相談室がオススメです。

 

在宅介護の理想と現実

 

老人ホーム 料金 比較

 

自分の親だから最後まで自宅で面倒みてあげたい・・・。そう思うのは当然です。

 

親が元気で自分のことを何でも出来るようであればそれも出来るかもしれません。
しかし、足腰が弱くなってトイレの介助が必要になったり、認知症を発症して暴言を吐いたり、徘徊を繰り返すようになるとそんな余裕もなくなってきます。

 

自分の理想通りの介護ができないと落ちこみ鬱になってしまう人もいらっしゃいます。
そんな状況になっているかもと感じているなら、外に目を向けてみましょう。

 

トイレの介助は本人も介護者も負担となり、水分を取るのを控えて脱水症や熱中症にかかる高齢者も少なくありません。
介護に複数の手があれば、そんな心配も軽減されます。
お互いに気を使ったり、イライラしてギスギスしてしまうよりも、老人ホームや高齢者住宅での生活も悪くないと思いませんか?

 

同じ年代の方とおしゃべりをしたりするのも、生活に張りがあって楽しいと思いますよ。

 

まずは介護の悩み・老人ホームにかかる費用など気になっていることを相談してませんか?相談は無料です。

 

老人ホーム 料金 選び方